REGAIN(リゲイン)REGトークン最新ICO|仮想通貨マイニング

2018/1/30追記
REGAINのREGトークン クラウドセールの第1段階は、2018/2/1までを予定していましたが、予想より早く多くの購入があり調達目標額(22億円)に達したため、既に1/4に終了しました。
クラウドセールの第2段階は2018/4/1より開始です。

最新ICOのREGAINが公開され、REGトークンが2017年12月22日より購入可能となりました。REGAINがどのようなものかの情報が入ってきたので記事にしておきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

REGAINプロジェクトとは

REGAINプロジェクトとは、

ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻しビットコイン市場の安定化

を目的としたプロジェクトだそうです。

このプロジェクト実現のためにREGAINはICOとしてREGトークンと呼ばれる仮想通貨を発行し資金を調達する事になりました。
さて、ユーザ市場であったビットコイン市場の安定化とはどういった事でしょうか。

ビットコインはボラティリティ(価格変動)が高い

2009年に誕生したビットコインは1円もしなかったのに今では200万円を超える価格になっています。
しかし、価格の変動が激しく(昨日と今日では数十万円も違う事がある等)、投資としてリスクも高いとも言われ、世界でもっともっと認知されるためにはボラティリティを低くして安定した通貨にしなければいけないと言われています。

マイニング市場が独占化されている?

まず、ビットコインの取得するためには、円やドルをビットコインに替える方法とマイニングによって取得する方法の2通りがあります。
マイニングとは、ビットコイン(仮想通貨)の全取引記録の作業をコンピュータの処理を代行する事により手数料としてビットコイン(仮想通貨)を得るというものです。
今では大きな企業や投資家がこのマイニングビジネスに参入していますよね。
膨大なコンピュータの処理量が必要なビットコインの取引作業を世界中の有志が提供する自前のコンピュータの処理で賄うという仕組みです。
ちなみにマイニングは、ソフトウエアをインストールすれば個人のパソコンでもできるようなのですが、常時パソコンを動作させておく必要があり、 個人レベルのパソコンでは得られる金額よりもパソコンを動作させる電気代の方が多く赤字になってしまうのが現状のようです。
ですから、マイニングビジネスを行うためには、高性能なマイニングマシンを用意して膨大な量の処理を代行しなければビジネスとして成り立たず、 資金力のある企業や投資家が活躍をしているのでしょうね。
ところが、このマイニング市場がある特定の企業に独占されているとREGAINは注意喚起しています。
高性能なマイニングマシンのシェアはある一社が70%のシェアを持っているそうで、より素晴らしいマイニングマシンを開発リリースしても買い占められてしまい、独占的なシェアが崩れず、そのため資金力のない小規模なマイニング業者は成り立たなくなり閉鎖に追い込まれたり、さらには新規の事業者も参入しづらくなっているそうです。
REGAINは、独占的なシェアを持つこの一社が事実上ビットコイン市場を独占して自由に市場操作を行っているとも言っています。
この独占を防がないとビットコインの安定化ができず、元々のユーザ主導の市場には戻れないという考えなのでしょうね。

REGAINプロジェクトは何をするのか

REGAINは高い技術力があり、他よりも優れたマイニングマシンを持っており更に高性能にすべく努力しているとの事です。
REGAINは、マイニングマシンは非常に高く弱小業者がポンと買える価格ではないので、REGAINが業者にマイニングマシンを無償で使わせて、業者が得た利益を 折半しようというビジネスモデルを考えました。
そうする事により独占的な市場操作を防ぎビットコイン市場が安定した市場に発展させる事を目標にしていると。
このようなビジネスモデルです。

  1. REGAINがICOでREGトークンを発行し資金を調達
  2. REGAINが高性能マイニングマシンを開発
  3. マイニングマシンを無償でマイニング業者へ提供
  4. マイ二ング業者がマイニングビジネスを行う
  5. マイニング業者が得た利益をマイニング業者とREGAINが折半する

そして、REGAINは折半で得た利益を以下のように使用するとの事です。

  • 60%は投資家(REGトークン保有者)に還元
  • 20%は更なる高性能マイニングマシンの開発費に充当
  • 20%はREGAINプロジェクトの取り分

リンク:REGAINプロジェクトのREGトークン購入(事前登録)はこちらから

REGトークンを保有するとどうなるのか?

以下のような特徴・権利があるとREGAINは言っています。

  •  REGAINが受け取る利益のうち 60%を分配して得られる権利がある
  •  配当の権利はスマートコントラクトにより確実に自動で実行される
  •  プライベートブロックチェーンにより秘匿性が重視されている
  •  REG トークンは独自ウォレットで管理される
  •  配当は独自ウォレットにビットコインで支払われる
  •  1REG トークンあたりの配当は 0.034 BTC/月〜を想定している
  •  配当日は月末締めの翌月15日払い
  •  配当を得られる権利はマイニング市場の著しい変化が起きない限り半永久的に続く
  •  REGトークンの取引はICO終了後可能になる

購入価格・配当と今後のスケジュール

クラウドセール第1段階

発行REGトークン:            5,000REG
価格:                  1REG=4,000USドル
期間:                             2017年12月22日〜2018年2月1日
マイニングマシン稼働開始:2018年3月15日
配当開始:                         2018年4月15日
報酬:                           1REG=0.034BTC(報酬見込)
月利:                           13.6%
年利:                               163.2%

*50,000USドル以上購入の方は+5%アップ
*クラウドセール第1段階の購入者はクラウドセール第4段階の第1優先購入権が与えられます。

クラウドセール第2段階

発行REGトークン:          10,000REG
価格:                1REG=4,400USドル
期間:                             2018年4月1日〜2018年5月15日
マイニングマシン稼働開始:2018年7月1日
配当開始:                         2018年8月15日
報酬:                           1REG=0.034BTC(報酬見込)
月利:                           12.4%
年利:                               148.8%       

*50,000USドル以上購入の方は+5%アップ
*クラウドセール第2段階の購入者はクラウドセール第4段階の第2優先購入権が与えられます。

クラウドセール第3段階

発行REGトークン:          15,000REG
価格:                1REG=5,200USドル
期間:                             2018年7月1日〜2018年月15日
マイニングマシン稼働開始:2018年10月1日
配当開始:                         2018年11月15日
報酬:                           1REG=0.034BTC(報酬見込)
月利:                           10.5%
年利:                               126.0%

*50,000USドル以上購入の方は+5%アップ
*クラウドセール第3段階の購入者はクラウドセール第4段階の第3優先購入権が与えられます。

クラウドセール第4段階

発行REGトークン:           35,000REG
価格:                1REG=4,000USドル
第1優先期間:                    2018年10月1日〜2018年10月15日
第2優先期間:                    2018年10月15日〜2018年10月22日
第3優先期間:                    2018年10月22日〜2018年11月11日
期間(通常):                   2018年11月1日〜2018年11月15日
マイニングマシン稼働開始:2019年1月1日
配当開始:                         2018年2月15日
報酬:                               1REG=0.04BTC(報酬見込)
月利:                           16%
年利:                               192%

*50,000USドル以上購入の方は+5%アップ

REGAINにはどのくらいの投資効果があるのか

例えば、クラウドセール第1段階で1REGを購入するとこうなります。

* 1USドル=112.5円、1BTC=180万円として計算

投資額: 450,000円(4,000USD)

配当額:   61,200円(0.034BTC)/月
    734,400円/年

これが本当なら凄い額になってしまいます。
45万円投資したら1年後には118万円になっているという事ですもんね。
そして、REGトークンの価値が上がれば更に。。。
もちろん投資ですからリスクもあり、何かトラブルがあれば自己責任と言われてしまうのでしょうが、ICOの魅力はこういうところですね。

REGトークンの購入方法

クラウドセール第1段階の購入開始は、2017年12月22日からとなっていますが、事前登録(買うのではなく会員登録のみ)は 既にスタートしているようです。
会員登録は公式ページから事前登録ボタンを押してメールアドレスの登録をすれば行えます。

①REGAINホームページにアクセス
②「事前登録受付中」をクリック
③メールアドレスを登録
④登録したアドレスにメールが届く
⑤メールに書いてある本登録サイトにて本登録する

リンク:REGAINプロジェクトのトークン購入(事前登録)はこちらから

まとめ

以上、簡単ですが今回の新ICOの説明をさせていただきました。
詳しくは公式ページからホワイトペーパーをご覧いただくのが良いかと思います。

リンク:REGAINプロジェクトの公式ページ

また、概要を説明しているページも色々あるようです。

リンク:REGAINプロジェクトの紹介ページ

ンク:REGAINプロジェクトのイベントリポート

ICOは魅力的ですが心配もありますよね。
とりあえず私も事前登録をしてみて様子を伺っているところです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする