Hcardは仮想通貨専用デビットカード:MasterCard連携だから世界中で使えちゃうスグレモノ

近年、仮想通貨に投資する方々が増えてきて、億単位の利益を上げてる方、投資に失敗して大損してしまった方、あるいは、そんな怪しげなお金もどきには手を出さないと静観している方、様々だと思います。

そうはいいながら今仮想通貨は実用化の方向へ傾いているようです。
そうなったら、普通に使える仮想通貨のカードを持って、様々な店舗などで決済できたら良いですよね!

これまでも、仮想通貨をチャージして決済や出金に使えるカードは多く存在していますが、今回は、Hcardという、MastrrCardと連携したデビットカードをご紹介します。
超有名なMasterCardですから、世界中の取り扱い店であればどこでも使用できますね。

GLOBAL CASHです!

 

スポンサーリンク
レクタングル大広告

Hcardとは

基本は、MasterCard提携のデビットカードです。
そして、「FiatBit」というアプリと連携する事によって、主要な仮想通貨5種類の「管理」「入出金」「米ドルへの振替」ができます。
また、KYC(本人確認)不要で使用することも可能です。ちなみに、KYC登録は「Hcardアプリ」から簡単に行えます。

さらにHcardを使用すれば、保有している仮想通貨を米ドルに振替し「MasterCard対応ATM」であれば即時引き出すことも可能です。

という事で、仮想通貨をお持ちの方は、運用を含めてかなり使えるのではないかと思われます。
海外旅行などには最適かも!

Hcardの申込みはこちらから!

 

Hcardのアピールポイント

  • チャージタイプだから安心
    クレジットカードと違い、必要な分だけ入金するので残高の範囲内での利用となり、使い過ぎの心配なく、安心して利用できる

  • 世界中のMasterCard加盟店で利用可能
    MasterCard対応だから世界中の加盟店、オンラインショッピングで利用できる

 

Hcardの基本情報

  • ライセンス:マスターカード
  • 公式サイト:Hcard
  • 価格:300USD(入会費・年会費無料)

 カードの発行に300ドルかかります。それ以外は年会費も不要です。

 

インストール必須のアプリ

FiatBitアプリと連携する事で、仮想通貨の入金・出金、米ドルへの振替が可能となります。
確かにHcardに仮想通貨を入金や出金するにはアプリが必要ですよね。

 

主な機能

  • 審査不要で即カード発行
    審査不要で発行できるデビットカードである

  • ATMで米ドルに換金可能
    Hcardに仮想通貨をチャージ後、MasterCard対応ATMで米ドルに換金可能

  • グローバルなショッピングが可能
    世界中のMasterCard提携店やオンラインショッピングで利用可能

  • チャージ利用なので使いすぎない
    通常のデビットカードのように、Hcardにチャージしている仮想通貨分しか利用できません。

  • 5種類の仮想通貨と米ドル(USD)に対応
    対応している通貨は、米ドル(USD)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、テザー(USDT)の6通貨です。

 

アフィリエイトもあります

それから、このカードを紹介するアフィリエイトも行っているようです。
登録はこちらからです。
↓↓
パートナー(アフィリエイター)登録はこちらから

 

まとめ

カード発行料金はかかりますが(300ドル)、年会費不要ですので長い目で見ればお得でしょうし、仮想通貨ホルダーでかつ海外へ行かれるような方には、とても利便性の高いカードだと思います。

1枚持ってても良いかも♪

Hcardの申込みはこちらから!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする